ニキビ跡 色素沈着

ニキビ跡色素沈着を改善するには、美白化粧品の使用がいいようです。ニキビ跡色素沈着の原因は、メラニン色素です。メラニンは皮膚を守るために生成されます。ニキビが炎症を起こしてしまうと、肌を守ろうとしてメラニンがつくられ、その結果色素沈着になってしまうのです。

 

ニキビ跡色素沈着になってしまう前に、ニキビを治すことで、ニキビ跡色素沈着にならないようにすることができます。
ニキビができたら、ニキビ用の化粧品を使ったり、肌を保湿したりして、ニキビを早めに改善するようにしましょう。また、ビタミンCのサプリなどを取り入れることで、健康な肌を取り戻すようにしましょう。ニキビをきちんとケアしてもニキビ跡になってしまった場合には、ハイドロキノン配合の化粧品などで、早めに色素沈着を改善することができます。ハイドロキノンは美白成分で、シミや色素沈着に効果があります。ハイドロキノン配合の化粧品には、「ビーグレン」や「アンプルール」などがあります。